--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つ、参加させて頂いたことを思い出しつつ

2010年01月11日 07:00

 こん**は、存在する筈も無く、事実存在しない中の人です。
 先日ご縁がありまして、お友達のラジオ? にお邪魔して、青春時代の思い出…… いやいや、まだ私は年寄りじゃないよ; そう、ちょっとした雑談のお相手として呼んで頂きました。大勢の前で喋ったり、不特定多数の方とお話するのは仕事以外では、随分と久しぶりです。

 頑張ってそれなりに声を調整して、失礼にならないよう身構えて、芸をしろ! と言われた時の為にあれこれ考えていたのですが。良い意味で裏切られました。もっとも、上手く中の人が (ええ、いませんよ?) 上手くボールを投げ返せなかったと言いますか、ついつい保身に走った所為で盛り上げることが出来ず結局主催の方にずっとネタを振って貰いフォローして貰いながら喋って頂くような流れに。まことゲスト失格でありました。

 ふと思い出すのは、十数年前。親友T氏と数年にわたって交換した音楽用カセットテープによる文通です。市外通話の代金がタダ事じゃない値段に跳ね上がり親に雷を落とされ、苦肉の策としてテープに自分の声を吹き込んで郵便で送り合って居たのです。ところが、バンドをやっていて喋り慣れているT氏は声質の良さも相まって中々聞き応えがあるんですよね。対して、中の人 (いません!) の声はちょっと残念。時々、歌ったり、うっかり演劇のまねごともしていたのですが、そんなにお喋りは上手じゃありません。
 そこで目をつけたのが、ラジオのまねごと。一人芝居で親友連中のウケを取るのが当時十八番だった私 (でも声はちょっと残念) に取って、それはとても良いアイディアだと思ったのです。

 環境音楽や背景音を用意、どっかのサントラから曲を拝借。どうせ当人達以外、流出させない限り何をしても良いのです。中~後期になると、このアイディアがウケて、結構良い評価をT氏から貰えました。その頃はラジオ番組のトークの持ち方ですとか進行を色々研究していて、それが面白かったんですね。番組進行表まで作っちゃって、充実した時間でした。
 それから紆余曲折ありつつ、趣味の分野を絞っていかないと…… そう気の多い自分を律したつもりで、物を書く方向にシフトしていきましたが、まさか十年以上経ってまたこうしてお喋りすることになろうとは!

 凄く、面白かったです。

 某K氏、お招きありがとうございました。そして、長時間のトーク&進行お疲れさまでした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/87-7014f088
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。