--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪引いたら大変だよ!

2009年12月30日 11:44

 こん**は、存在しない中の人 (実体無く実在せず、文字の上やSkype上だけで存在を確認出来る物の、事実どこにも存在しないような……) です。今回は、オンラインゲームも、何も関係無い話を書こうと思います。このブログは、ゲームとそれに関係することだけを書こうと思っていましたが、偶には良いかな…… と。

 さて、風邪を引いたら大変だよ! が今回のタイトルで、当然中身もそんな話です。どういう事かと言うと、私先週末に風邪を引いてしまいました。急に熱が38度~39度、偶々頭痛対策に用意していたバリファックスと言う鎮痛解熱剤を飲んで一晩と半分を掛けて熱をさましたのです。
 何せ、熱が出たのが二十五日の夕方。次の日である二十六日は二十一時から、ギルドまったり戦闘団の初集会を予定していて、そのギルドマスターは私…… こと、卯月れんなのです。折角ムリを言って集まって貰ってるのに、風邪引いたから欠席します。後はテキトーにやっておいて下さい♪ とは言えません。

結局、上手い事熱が収まり、微熱程度なら何とかなるだろうと、バリファックスを痛飲しながらイベントを乗り切りました。後から考えれば、これが不味かったのです。

 次の日、そして週明け。地獄のような苦しみが襲う事を、私は全く予想すらしていませんでした。

それで一体どんな苦しみが?
中の人(いません)がのたうち回った記録は下のリンクから!
**URL直接指定の方はそのままスクロール**


経過

 二十七日昼間…… 胃と腸の間が鈍く痛み始める。発熱による悪寒、それに伴う筋肉痛と予想。何でもないさと笑う。
 同日、お昼時…… 快気祝いだ! と、ちょっとくどい物を食す。これが間違いだった。
 同日、夕方頃…… 俄に熱があがる。三十七度五分、バリファックスを規定容量服用。
 二十八日零時…… 胃と腸に酷い痛み。胃が痛く酷くもたれる感覚。腸にも転移痛を認めるようになる。
    ・
    ・
    ・
 二十八日夕方…… 痛みの所為で三十分間隔で目を覚ましては眠ると言う消耗戦を演じる事となる。
 二十八日22時…… 遂に耐えきれず、病院受診を決意。救急病院に受診可否の問い合わせ。→可能とのこと。
 同日、23時頃…… 隣町の総合病院まで自転車で到着。そこから痛みもピークに、一時間待たされる。
 二十九日一時…… 診察の結果、胃が酷くあれている模様。プロテカジン錠ビオスリー錠(注1)を処方される。
 二十九日昼頃…… ようやく胃痛が治まりだす。


(注1)
プロテカジン錠…… 大鵬薬品工業株式会社から発売されている所謂胃薬。胃酸を抑え、同時に胃粘液を増加させるような作用を持っている。効能としては、急性期の胃炎や胃潰瘍、手術前の術前投与など。

ビオスリー錠…… 当亜薬品工業株式会社から発売されている整腸剤。腸内細菌における善玉菌を増やすことで、腸内環境の改善を図る薬。下痢などに適用。


原因考察

 救急病院でお医者さんとアレコレ話した結果、どうやら原因はバリファックスの飲み過ぎ、所謂過剰服用(オーバードーズ)により、元々風邪で弱っていた胃が胃炎を起こしたのでは無いか? とのこと。
 バリファックスはアスピリンと合成ヒドロタルサイトが主な成分で、これは市販薬であるバファリンと同様の物。問題は、主要な鎮痛解熱成分であるアスピリン。このアスピリンは、作用秩序の関係で胃の粘膜を容赦無く痛めつける。結果、剥き身のアスピリンを習慣的に服用することで、胃潰瘍になってしまう事があり、米国では社会問題になったこともあると言う。
 バリファックスやバファリンはこの点を制酸緩衝剤を加える事で緩和している訳だ。つまりバファリンの半分は優しさと言うのはココから来ているらしい。小話で『では、優しさ半分のバファリン。もう半分は?』『厳しさ』といった物もあるが、正体は何てことは無い、アスピリンなのだ。

 つまり、今回、中の人 (無論存在してなどいない。) が胃痛でのたうち回ったのは、このアスピリンの作用で徹底的に痛めつけられていた胃に、重い食べ物でトドメを刺して自ら自滅したと言う事になる。なんて無様なんだろう!


振り返って

 元々、頭痛持ちなので、頻繁に頭痛薬のお世話になる身で、警戒心が薄れていたのですが、見事に裏目に出ました。アスピリンが胃を痛めつける事も知っていましたし、熱が出た時に直ぐ病院に行かなかったのは単なる慢心と、新型インフルエンザだとしたら面倒になる…… と言うこの二点でした。
 結局、労を惜しんで熱さえ落ち着けば快癒する筈が、胃痛に喘いでしまう羽目に陥ったのです。

 判断力が落ちていて、本来適切な時間と服用回数を守るべき薬を痛飲してしまったのもそうですが、まず、風邪を引いたら舐めて掛らないでサッサと病院で診察を受けるべき! それがもっとも冴えたやり方なのでしょう。


 風邪だからって、舐めて掛ったり面倒臭がったりすると大変だよ! と言う話でした。
スポンサーサイト


コメント

  1. Pierre | URL | bCpyViaU

    風邪かと思ったら
    胃のほうにきていたとは…

    民間の薬があれば病院に行かなくて
    済むという認識を持っている人がいるから
    大変ですね…。

    ギルメンのことを考えてくれるのは
    有難いですが、自分の身のこともちゃんと
    考えてくださいね。何も前触れもなく
    いきなりいなくなったらそれでこそ
    心配しますよ(・ω・`)

  2. 卯月の中の人 | URL | oUPgpoCM

    >Pierreさん

     明けましておめでとうございます。胃の方はまだ治ってないです。どうやらちょっと長引きそうですね。

     高校に行くちょっと前まで年四回入院皆勤賞だったので、何かあれば病院に行くようにはしてたんですが、気を抜いてしまったのが間違いだったようです。
     とは言え、病弱だった頃を振り返って考えると、まさかこの歳まで生きてるとも思えなくて。今は、惰性と言うか余録みたいな感じもします。ただ一度健康になると、胃が痛いだけでゆううつになったり、悲観的になったり辛かったりします。ただ痛いだけなのにね?
     もし、どうしようも無い時はちゃんと一言伝えてから行こうと思います。ふらっといなくなると、凄く心配ですよね。わかります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/84-bd0cf320
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。