--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九月大型~十月二十六日迄のアップデートを考える_①

2009年10月29日 21:34

キャラクタ画像 こん**は、中の人 (噂によると本当にいるらしいけど、見たヤツは消えちゃうって噂) です。十一月九日にまた大きなアップデートがありますね。二〇〇九年九月から今の今まで、今年の四月にGamepotさんへ運営が変わってから初めて大きなシステム変更がありました。その過程で、賛否の声が上がり、今や公式の雑談掲示板はさながら衆議院のような泥臭い議論の場となっているようにも思えます。
 今回は、中の人 (勿論、実在の人物ではありませんよ?) から見た今までの九月大型アップデートから今までの範囲魔法II系開放までを、あれこれ考えてみたいと思います。


 ちなみに、今回この記事を書くに当たって幾つかの資料や声を見聞きしながら書いています。参考にしたのは下記の情報です。

・公式掲示板の雑談掲示板、関連スレッド
・匿名掲示板にあるコンチェルトゲートフォルテ関連スレッド
・コンチェ関連Blog様 (いろいろなBlogを拝見しました。何処のBlogもウチよりもずっと面白かったです)
・いつも遊んで頂いているお友達や、PTで一緒になった方からのお話

 これらを踏まえ、アップデート後、何かと話題に上る下記の要点に絞って全四回に分けて書いていきます。

・職業バランスの調整 (九月大型アップデート)
・調整後のゲームバランスについて
・初心者定着問題
・パーティプレイ(傭兵・パーティ活性化)問題
・中の人 (いません) が感じた不満や愚痴

 いろいろな資料や発言などを聞いて書いていますが、所詮中の人 (勿論、架空の存在ですから気にする必要はありません) の主観で書いているので、中立性を保証する物ではありません。まぁ、ヒマつぶしに読んでみて 「何真顔で言ってるのこの人(笑)」 と笑っていただければ幸いですね。

 では、今回は 「職業バランスの調整 (九月大型アップデート)」についてです。

**続きは下記のリンクをクリック!**
URL直接指定の場合はそのままスクロール


やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。


 これは、連合艦隊長官 山本五十六の言葉です。第二次世界大戦中の海軍軍人さんですね。今回、あれこれ考える対象のアップデートは、この言葉で言うところの 「ほめてやらねば」 「任せてやらねば」 「信頼せねば」 と言った風に、波が落ち着くまで見ているだけの方が良いのかも知れません。ですが、この過程で何かを失い、何かを得たプレイヤーさんがいる。故に、方々で声が上がったのでしょう。だからこそ、一度足を止めて考察して行く必要があると感じました。まずは、職業バランスの大調整から考えていきましょう。

・職業バランスの調整 (九月大型アップデート~)

概要:
 職業バランスの大幅調整として、装備可能なランクや、行使可能なスキルが大幅変更された。また、物理ダメージの調整が行われ、物理攻撃ダメージが増加した。

影響:

兵士→ それまで万能職と言われていた兵士は、行使可能なスキルを大幅に取り上げられる結果になった。また職業ボーナス補正値が減少、これにより結果弱体化してしまった。

魔術行使職→ 魔術士・クレリックなどから一部スキルが取り上げられた。特に魔術士については、呪術が没収されるような形になり、代わりにヒールIが行使可能になった。

生産各職→ 生産職からは一部物理スキルが没収されたが、I系各単体魔法が与えられた。

特殊職→ 特殊職? である風来は踊りスキルであるアニマートが奪われた。それまで微妙な位置づけだった風来職にとって、アニマートによる戦闘補助は彼等に新たな可能性を与えていたが、それが絶たれたとも言える。

上位各職→ 剣士などのシルト実装と同時に実装された所謂「上位職」については、「二次職」と表現され、転職することでスキルスロットが増える等の優遇措置が取られた。

結果:
 兵士の数が激減したと言われる。また、物理ダメージ増加により、今まで火力面で優位を保っていた魔術士層 (特にデュエル愛好者に顕著と言う説あり) の一部が、物理職に転向した。この為、多くの旧兵士は、戦斧闘士や剣士などに転職したと言う話もある。それまでの固定概念が覆された (万能で幅広いスキル行使が可能な兵士と、火力面で驚異的な優位を保つ魔術士と言う武力バランス) ことで、プレイヤーからは激しい賛否の声が上がった。

考察:
 最大のポイントは、使えていたスキルが取り上げられたことでしょう。アップデートや調整と言う物はそういう要素を孕んだ物ですが、通常は上方修正で対応するのが普通とプレイヤーは考えていたようです。中の人 (いません) もそう考えていたので、この発表を受けたときは狼狽えました。しかしながら、この調整は今後を見据えると適当であったとも言えるかも知れません。

 それまで、コンチェルトゲートフォルテ (以下、コンチェと表記) では、物理職なら兵士、単独行動で何処までも行くならクレリック、ダメージをブイブイやるなら魔術士と、相場が出来上がってしまっていました。故に、職業が沢山あるにも関わらず、そのプレイスタイルは、半ば固定されてしまっていたのです。そして、マルチキャラクターシステムの罪か、『生産職は生産だけをやっていれば良い』 と言う風潮が出来上がり、酷く融通の利かないパーティプレイが横行していました。

 運営・開発にとって、この現状は座視出来なかったのだと思います。例えば鍵を使うクエストは幾つかありますが、本来運営・開発側が描いているのは戦闘職三人に、風来や鑑定士が付いて行く風景だったりしたのでしょう。途中の戦闘でモンスターマテリアルを入手、その場で加工。宝箱からの未鑑定品は鑑定士でその場鑑定。移動中のHP回復は応急手当で…… と言った案配。しかし、それは叶いませんでした。あまりに戦闘三職が便利過ぎたのです。

 ここで、俄然目立ってしまうのが兵士と言う職業です。兵士は、器用貧乏な職業と位置づけられていました。あれこれ出来るが、どれも本職に敵わない―― しかし、明らかにコンチェの開発が遅れ、新規実装スキルは、設計当初の系統図で言えば下位スキルだったのでしょう。新規実装スキルのほぼ全てが、兵士で行使可能になってしまったのです。これにより、あたかもデバッグ用万能職のような化物が生まれてしまったのです。
 また、魔術士についてもある程度同じ事が言えます。呪術がバランス調整で取られてしまったのは、開発側で魔術士→呪術師の流れを強く意識していたのだと思います。しかし、肝心の実装が追いつきません。しかし、スケジュール上、呪術実装は不可避でした。プレイヤーの職人口を鑑み、呪術を魔術士に使わせるのは苦肉の策だったのです。呪術行使はそのままでも良かったのですが、兵士からあれだけ取り上げて置いて、魔術士に呪術を残してしまうとプレイヤーからの反発は熾烈な物になるのは、誰の目から見ても明らかです。

 元々、ビデオゲーム愛好者は飽きっぽいのですが、反面のめり込むと何かを犠牲にしてまでのめり込む駄目なジャンキーみたいな連中です。片や取り上げて、もう一方は現状維持となると彼等のモチベーションは混乱を来すでしょうから、やはり呪術も取り上げなければなりませんでした。

 職業調整の過程で、魔術士は運営に愛されているですとか、デュエル愛好者層に媚びへつらっている―― と言ったアジが盛んに叫ばれましたが、真相はおそらく今までのいい加減な実装形態と歪んだゲーム内社会の是正が目的だったと考えます。
 各サイトで、盛んに陰謀論やパッシングはありましたが、不思議と開発の遅れや実装の甘さは指摘されず、またそう言った要望も見られなかったように思えるのは、それこそ見えざる手の力を感じててしまいそうです(笑

 本来は、こう言った問題は、上方修正で回避すべきなのです。開発・運営は、先に述べた通り、本来の仕様を守ろうとしたのだと考えます。これは全くの推測ですが、ハンゲーム時代のスキル実装は仕様から逸脱したやり方が、多々あったのではないでしょうか…… こう言った視点から見れば妥当だと言えますが、反面ユーザー側からすれば一方的に他人のツケを押しつけられてしまった事になりますし、何とも悩ましい話です。

 ただ、個人的には良かったと思います。結果、新たに登場した職業に光が当たり、職業の分散化が進んだのですから。それまでのバランスを維持したまま、新たな流れを作るには膨大な規模での実装が必要です。例えば、新しい街を一気に八つ増やすですとか、ダンジョンを今の二倍にするですとか、クエストを新たに三十以上一度に実装するですとか…… ですが、そう言った体力は無いでしょうし、開発リソース的にも難しい筈です。まして、それを行ってもプレイ人口や、課金人口的に利益が回収出来ません。何時の世も財布の中身は重要と言うことなのでしょう。


→次回、「調整後のゲームバランスについて」考えて行きたいと思います。もう、○○職はいらない子なのか? お楽しみに。

※10/31、誤字を一部修正
スポンサーサイト


コメント

  1. Pierre | URL | PKxaJ0Fk

    俺としては飛龍撃・ビリアルドが
    取り上げられたのが大きいです。
    転職しても馴染めない感覚があります。
    ですから、最近INしていません。

    by 元竜が如く大空を舞う槍の使い手の
                          兵士

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/77-b054e852
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。