--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンの旅日記1-意外な再会?

2007年11月17日 11:37

 レンです。

 人生、想定外な事が意外と多くて (例えば私がファーレン王国に呼び出された…… 事とか) 後から振り返れば、びっくりすることがありますよね?
 昨日の夜はそんな、驚きがありました。

 私の家族、姉妹や親戚達は悉くこのファーレン王国に散らばってるます。その中でも私より眠気にあがらえないと自称する、親戚の冬果 (後日詳述) さんが突然現れこう言ったのです。

「今日、レンの先輩がこっちに "来てしまった" らしい。どうやら聞いた話じゃ兵士になるらしい、前にレンから聞いた話じゃ色々面倒みなくちゃいけない雰囲気だから…… キミは後輩だけど、異世界生活の先輩として色々助けてやってね。

 そうそう、この間妹さんからもそんな話を聞いてね。彼用の短剣とペットを預かってきたよ。渡しておいてね! じゃ!」

ゆすろうが叩こうがピクリともしない私の親戚……
冬果ねーちゃんは、私以上に眠気に逆らえません (笑

 一気に捲し立て、私の妹から預かったと言う短剣とペットを押し付けて、冬果さんは寝てしまいました。はふぅ、こうなるともういくら揺すっても起きないのです。それにしても、鎧のまま寝て痛くないのかな?

 その後、城の中庭でまったりしてると懐かしい顔がありました。演劇部時代の先輩である某氏がきょろきょろしながら 『兵士になってしまったが、何をすれば良いのやら…… そもそも配属されるべき部隊もなければ、ふむどっこい』 などと、ぼやきながらうろうろしていたので事情を話し、まずはてっとり早く実戦で鍛えよう! 下水道でガシガシ野生動物狩りに勤しんだのです。


左、先輩。 右、私と相棒のチャリオット改

 また一緒に色々遊びましょうね、先輩♪

 

(筆者後書けorz
 この先輩。筆者は高校時代演劇部に居た訳なのですが、つまり―― そこにいた変な人です(褒め言葉ですよ? >先輩)。コンチェルトゲートを始めたのは高校時代の友人に誘われたのがきっかけでした。なら、先輩も誘おうよ! と言う話になり、誘ったもののOSがVista…… なんてこったい。ウィルノア実装のシステムアップデートで、動作保証外であるもののプレイ出来るらしいと言う事を聞きつけて今回のプレイとあいなりました。
 どうやら、気に入ってくれたらしくこれからちょいちょいINするとのこと。楽しみですね。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/3-f26d286d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。