FC2ブログ

JAVA Update8(Version 8 Update 211)が配布された

2019年04月19日 07:23

 Java Updateがやってきたぞ!(あかりがやってきたぞ!風に)

 マインクラフトなんかをやっている人にとっては、必要なUpdateなので是非適用したい。

javaupdate.png



 大抵は自動的に更新の通知が来るが、来ない場合はこちらのリンクから、手動で最新のJavaランタイムをダウンロードすることが出来る。

以下はリリースノートの引用になる。


リリースのハイライト

IANA Data 2018g
JDK 8u211にはIANAタイム・ゾーン・データのバージョン2018gが含まれています。詳細は、JREソフトウェアのタイムゾーン・データ・バージョンを参照してください。
新機能: 日本の新元号のスクエア文字のサポート
コード・ポイントU+32FFは、2019年5月に始まる新元号の日本語スクエア文字を表すために、Unicode Consortiumにより予約されています。Characterクラスの関連するメソッドは、日本の既存の元号文字(明治のU+337Eなど)と同じプロパティを戻します。
変更: GlobalSign R6ルート証明書の追加
OpenJDK cacertsトラストストアに次のルート証明書が追加されました:
GlobalSign
globalsignrootcar6
DN: CN=GlobalSign, O=GlobalSign, OU=GlobalSign Root CA - R6

変更: SymantecルートによりアンカーされているTLSサーバー証明書の信頼停止
JDKは、Google、Mozilla、AppleおよびMicrosoftが最近発表したものと同様の計画に沿って、Symantecが発行したTLSサーバー証明書の信頼を停止します。影響を受ける証明書のリストには、Symantecが管理するGeoTrust、Thawte、およびVeriSignなどのブランド名の証明書が含まれます。
2019年4月16日以前に発行されたTLSサーバー証明書は、有効期限まで引き続き信頼します。この日より後に発行された証明書は拒否します。Symantecの証明書をDigiCertの証明書に置き換える方法の詳細は、DigiCertのサポート・ページをご覧ください(DigiCertは2017年12月1日にSymantec Website Security SSL/TLS証明書の検証および発行を引き継ぎました)。
下に示す、Appleが管理する2つの下位認証局によって発行されたTLSサーバー証明書はこのポリシーの例外であり、2019年12月31日以前に発行されたものであれば、引き続き信頼します。
変更: 日本の新しい元号の名前
2019年5月1日に始まった日本の元号のプレースホルダ名"NewEra"を、日本政府が発表した名前"Reiwa"に置き換えました。新しい元号のシングルトン(JapaneseEra.valueOf("NewEra"))の取得を、このプレースホルダ名に依存しているアプリケーションは機能しなくなります。
変更: java.time.chrono.JapaneseEraにおける日本の新元号のサポート
JapaneseEraクラス、およびそのof(int)、valueOf(String)、values()メソッドは、シングルトン・インスタンスの定義方法や関連付けられる元号の整数値など、今後の日本の元号に関する追加内容に対応するよう明確化されました。


 ユーザーや開発者が、ちょっとだけ気を付ければいいのは。『SymantecルートによりアンカーされているTLSサーバー証明書の信頼停止』こちらは、信頼性の高いサイトを作る為にシマンテック社のTLSサーバー証明書を使っている場合、Javaとしては信頼しないことになった。

ただし。

Appleが管理する2つの下位認証局によって発行されたTLSサーバー証明書はこのポリシーの例外であり、2019年12月31日以前に発行されたものであれば、引き続き信頼します。


 こんな塩梅に、Apple社に対しての忖度が著しい辺りに資本主義感の現実を覚えるところ。

 ちなみに、新元号「令和」が決定していたため、これまで"NewEra"(新元号)としていたところを"Reiwa"に変更したので、もう"NewEra"って書いても認識しねぇよ。こんな話。これは、開発者向けの情報かな。単純にNewEraをReiwaに置換するだけだと思うので、手間暇はかかるがそこまで深刻ではなさそう。

 最後に、このJREは2019年8月16日に有効期限が切れるので、その頃にまたJavaUpdateをしなきゃならん。
 最近は、アプリの前提にJavaを求められることは一般ユーザーにとってそこまで重要ではなく。

 入れなくても問題ないものなので、既にJavaを導入しているユーザー(ただしマインクラフトJAVA版ユーザーおめぇはダメだ必ず適用しよう)は適用すると良いだろう。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/201-d772dec8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事