--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2TB分のハードディスクが逝った

2016年03月11日 09:56

 昨年末から、今年にかけて立て続けに1TBのHDDが死んでしまう事件があった。

2016hdd.jpg


 どちらも、Cドライブを担うシステムドライブだったので、都度都度システムを再構築しなければならないのがなおのこと面倒。
 以来、爆死上等だったウチの環境だが、都度システムイメージを作成し、バックアップするように運用が変わった。

 さて、お亡くなりになったハードディスクだが、最初の一台はこのシステムを組んだときに組み込んだSeagateの1TBハードディスクである。諸々調べた結果、どうも2007~2011年頃に新品で買ったらしい。概ね5年で突然死したことになる。ヒトの作ったものはいずれは壊れる。良く働いた方だろう。

 起動ドライブがダメになってしまったので、これは新しいブート用ハードディスクが必要だね……そんなワケで我が家にやってきたのが写真左のWestern digital社の1TBハードディスクだ。新品の1TBハードディスクを買っても良かったが、中古ならあと二千円は安くなると言うことで、秋葉原まで出かけていき状態の良さそうなものを選んだ。

 しかしコイツが曲者だった。

 BIOSから突然認識されなくなることもあれば、折角構築したというのに不良セクターが多すぎて全く使い物にならなかったのだ。
 何とかなだめすかして、バックアップイメージ用のストレージとして使っていたが昨日Western digital製ハードディスクチェックツールで " many bad sector " と事実上の死亡宣告を受けてしまった。

 去年は、ノートパソコンのハードディスクもお亡くなりになったので、我が家には使い道のない文鎮と化したハードディスクが三台も積みあがっているのだ。さて、これはどうしたものか……廃棄するしかないのだけどね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/188-c61296ef
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。