--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命数3にまつわるちょっとした話。

2015年02月08日 01:56

* 英語は、辞書を引きながら書くのに時間が掛かりすぎる。なので、Google翻訳を用いている。あしからず。手書きの手紙や文章は自分で英文は書けないわけではない。(と、言う予防線だ。)もう社会人なので、ある程度意味が伝われば後はなんとかなる。これが、学生の論文だとしたら0点をいただいてしまう。哀しいね。

===本文===

3と言う概念がある。
There is a concept of numeration 3.
割りたくても、割り切れない数字……と言われる。
Even split want, it is said that the numbers ...... that is not divisible.
2人では合意できることも、3人に増えると途端に難しくなることが多い。
It is a two can agree also, it is often difficult to tin when increased to three.

私は、自分の考えの基礎を築くときにこの3と言う数字を良く用いる。
I, use well the figure of this 3 when you lay the foundation for your thoughts.

この数字を使った雑な生活術に、それぞれの分野で信用・信頼できる人を3人割り当てる方法がある。自分に正直に生きようと思って日々を過ごす時。これが役に立つのだ。
The rough life skills you use this number, there is credit and reliable method of assigning three people in their respective fields. When you spend every day and going to live in honest with yourself. This it is useful.

例えば、私が最も信頼する政治家は3人だ。
For example, politicians that I most trust's three.

1人目、父親。2人目、母親。3人目、「     」である。
1 person, father. Second person, mother. Third person, is​......

1人目は、私にとっての大統領。2人目は、私にとって手ごわい首相。3人目は私と同じ政党の仲間だ。
1 person is, the President of for me. 2nd, the formidable prime minister for me. Third person's companion of the same political party with me.

この話に興味があるなら、私にこの話題を持ち出してほしい。きっと楽しい話になる。
If you are interested in this story, and I want to be brought up this topic. I'm sure it will be fun story.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/174-de50c804
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。