--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校中退を防ぐのか、高校生活を良くするのか?

2015年01月19日 20:33

高校中退をどう防ぐか)

 高等学校
を卒業しているなら、時としてこの学校で学んだことの内、幾つかは卒業後殆ど用いていない。そう言う人は多いだろう。大学の学問を修め、義務教育から研究室までの学問全てを駆使する人々からすれば、なぜ高等学校教育を蔑ろにするのか、なぜ学生は怠惰になるのか。あり得ない……こう絶句することもあるかも知れない。

 だが、現代の高校生は情報過多な社会の中で『正直、中学校までの教育内容で物事足りる』と思い込んでしまうきらいがある。また、高校は一時の通過点に過ぎず、単一のキャリアだけを捉えた時、時間の浪費だと主張する論もある。

 他方、彼等を受け入れる社会としては中等教育(義務教育)だけでは、時間軸と言う概念上、彼等の社会性を確保する為に高等教育を無事に終える事は「基本」と言う考えの下、専門学校、大学への進学を促しているのだ。

 高校中退をどう防ぐか、ではなく。如何にして彼等に義務教育で教わった事を活かし高等学校生活を実りある物にするか。これは私達、大人がフォローアップ出来る部分ではないか。

 私案ではあるが、高校生活に挫折しつつある彼等・彼女らに、その苦しみや或いは豊富な現場知識を『提供して貰う』場を大人達が用意すること。これは可能だ。私達が未来をより良くしようと思っている時に、若者の力を最も手っ取り早く借りるならば、まさに高校生活で悩みを抱える「若き研究者、小さな教授」達と共に歩み、支えることこそ結果として、高校中退者を減らすことになるのではないか。

 昨今は、児童と呼ばれる時間の中では、子供達は檻の中に囲われ、そして高等教育を受ける段階で突然監獄から解放され「クリエイティブであれ」と言う炎上案件を押し付けられるのだ。
 このような環境下では、教師、塾講師、生徒、親、親戚、兄弟姉妹の他に、地域の人々が彼等をバックアップする体制が必要だ

 高校中退を防ぐと言う発想は抑止的だ。まず罪有り、少なくとも高校生にはそう聴こえる。ではなく、高校生活をどう良くしていくのか。彼等に寄り添う事が一番の積極的政策になるのではないだろうか。

・かつて高校受験時に『高校進学率が98%で残りの2%は働いている。義務教育で何が足りないのか!』こう親に詰め寄って、母親を泣かせた馬鹿息子より。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/172-10a07272
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。