--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015(平成27年)所信表明

2015年01月05日 14:33

 私、藤 秋人は平成二十七年が以下の様な一年であるように努力しようと思う。

 その内容は以下の通り。

1.栄養バランスに配慮した食生活、まったく無理の無いチョロイ運動を毎日行える様にする。

 何を当たり前のことを……こう嘆息される読者諸兄も多かろうが、昨年までの三年間。食うもの食わず、飲むもの飲まず生きてきた。述べ七年の激務と、他人 に全く寛容さを持たない社会・組織の中で生きていく為に「知っていることを、知らない」と言わざる得ないよう強要され、全く日本国憲法や合衆国憲法に合致 しない奴隷労働下で、軍事従事者並みの機密保持書類に山の様にサインさせられれば、さぞかし給与も良いのだろう。休暇もあったかも知れない。軍人ならば。 だが、私は情報処理を専門とする技術者でしかなかった。日本国は空前の不況、失われた十五年と不況をありがたく崇め奉った。その結果、事実として給与は最 小限、休暇は正規雇用にも関わらず事実上連続四日深夜日中勤務を強いられたのに肝心の休暇は一日も与えられない年月を耐えた。

 これを読んでいる貴方は、そのような不正が許されたのか。司法は、政治は何をしていると問うだろう。厚生労働省は何をぼさっとしているのかと嘆くだろう。今なら。
 だが、驚くことなかれ。当時の政府も与党も野党も、見向きもしなかった。右翼は喜び庭駆け回り左翼はこれを見て「学力がないから、このような奴はその待 遇が相応しい。自己責任だ」と自分達のインテリジェンスを誇るための材料にした。社会主義者は、何故か破られていない憲法九条が死ぬ! 死ぬ! などと意 識不明の重態。最後に共産主義者は、どうした訳か今日も見えない敵とイデオロギーの為に戦っていた。
 誰も私達の様な善良な人間を見向きをせず、積極的に蹴とばした。これが、失われた十五年。すべての地方自治体、議員、政党、企業、国家が行っていた残酷 な事実なのだ。嘘と言えるなら何か私に一家言あって然るべきだ。申し開きは聴こう。私は良い隣人でありたいし、好い友人同士でありたいからね。

 さてと。話をもどそう。この地獄で生きるには何が必要だったのか。

 耐えるためには、希望が必要だったが経営陣は自分の年金保障を嘆くばかりで、我々は使い捨ての駒である。何かミスをしでかそうものなら、放逐すると恥もなく言い放った。
 最高レベルのセキュリティクリアランスを与えられ、膨大な機密保持書類にサインさせておきながら、その対価を私に一切寄越さなかった訳だ。あの頃は、何 食わぬ顔でのうのうと生きている高齢者が憎かった。疎ましかった。早々に年寄りを気取り、休みをくれと言えば脅迫され、給与を上げろと言えば首を飛ばすと いけしゃあしゃあと言う、あの営業部長が憎かった!
 この様な極限状況で、しかし日本国憲法を遵守し、関連諸法を守り、善良な市民でいる為には私の中にある大切な何かを捨てなければならなかった。不眠不休で働くために睡眠欲を捨てた。最低限を下回る給与に対しては食欲を捨てた。生存権を守るために性欲を捨てた。
 この献身に対して、にも関わらず何一つ感謝などしなかった。病で倒れ、病院にかかり戻ってくると欠勤が多いと罵った。私は自身の不明を詫び、一層の努力をする旨を伝えたが彼等の心には届かなかったようだった。
 欠陥社員のレッテルを貼られ、持っている知識は次々と次の案件にアサインするために「なかったことにされた」のだ。知っている事を知らないと言わされ、 出来ることを出来ないと言わされ、たとえ極限状況であったとしても、その技術や良心に従って死ぬかも知れない人を助けることすら制限された。
 極限まで抽象化すれば 『嘘をつきながら、我々老人の最大限の利益の為。あらゆる悪事に手を染めて、そして死ね。ミスがあれば、君を殺す』こういう環境下を耐えた。

 結果、私は倒れた。あの時、もうダメだ。こう言わなければ、自ら死を選ぶしかなかった。

 平成二十七年、つまり2015年の私はあの頃の彼らに少し近づいた。
 もう二度と、あの様な強烈な人権侵害に屈服はしない。生命の危険があれば、合法的に報復する生き物に変わった。貴方達、老人が一人の若者が革命の息吹を吐き、危機に際しては相互確実破壊を行う様な生き物に改造した。

 心せよ老人。私やそのあとに続く若者達に、私が味わった様な塗炭の苦しみを与えるな。

 貴方達はさんざん苛め、日本の不景気を極限まで高めて、今年金も貰えないと嘆いているだろう。だが我々、私達若者は違う。罪深い貴方達を赦し、二度と私の同輩と後輩に対しこのような非道を行われないようにと誓い、これを実行し、今年一年を生きていくこと。
 そして少しは恐れよ、子供達を若者を。かつて貴方達がそうだった時の様に、彼らを赦し守ると誓え。さもなければ、近い将来。君達に払う社会保障費はゼロ になり、行く行くは年金の受給権利を奪われる。だからこそ、優しく、人に親切に、出来る事は出来ると言える。うれしい時はありがとうと言える社会の建設に 協力せよ。

 貴方達は「良い大人たち」だと私は期待する。貴方もまた、ここまでされてなお、慈悲深い私に対して一定の尊敬と感謝をして頂けると、私は貴方達の為に必死に働くだろう。

以上をもって、私の年頭の所信とする。
平成二十七年一月五日。藤 秋人
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/170-4e212ba1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。