--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「痴漢や性犯罪の抑止の為に、男女別車両の導入を目指そう?」

2014年05月31日 23:59

「痴漢や性犯罪の抑止の為に、男女別車両の導入を!」

 この論が、しばしば極論と当の女性被害者や、女性自身から出る。何故だろう?

 至極真っ当な話だが。女性もまた男性と同じ人間だ。同じ人間であるからには、男性がそうであるように。権利の拡大には野心それなりがある。勿論、最初は善意から始まるのだが、悪乗りして話が段々大きくなって行く。それが政治と言う胃に痛い行事なのだ。

 ぶっちゃけ。公平に一編成を分けた時に1:1になるとそれはそれで面白くない。

 そうとも。事実、現在の女性専用車両。既に要介護者や障がい者の『男性』が乗り込める。これだけでも不快でたまらない。なのに、現在は罰則や罰金はない

 理想として。まずは、女性専用車に男性が乗り込んできた時に罪や罰金を科す。事件がある度、罰則を強化する。そして浄化する『聖絶』が必要だ……。

 識者やサバイバー曰く、一人で電車に乗れる『男性』は二歳の赤ん坊だろうがスティーブン・ホーキング博士の様な著しいハンディキャップがあろうとも、性犯罪を起こしうる。なるほど、男性とは遺伝子ベクターとしての性欲からは逃れられない。それは、女性も同じだが。悪質さと言う点で、歴史上長い時間。この問題は放置されてきた。

 女性の社会的躍進と『男女平等社会』の実践。何よりここ最近における男性の深刻な収入低下。つまり家計上の役割が果たせていない中。

 男女別車両の構成比は、女性7:男性3が望ましい。それこそ社会的に躍進している女性達が、賛成し飲み込める比率だろう。そして、現在の女性専用車が最後尾又は先頭車両に設置されていたのと違い、よりアクセスしやすい様に改札に近い部分を中心に女性専用車両を割り当てるべきである。

 痴漢根絶の為なら致し方あるまい。本気だ。
 男性はその位、極論を思いつく程度に。女性の権利は認められ、男性は権利を手放すべきだと考えている。

 ちなみに、私も男性だが『本気で提案』はしている。しかし『実際に行動に移そう』とは欠片も思わない。万が一、この文章の趣旨まんま提案される様なら、一部について反対するだろう。

 この案のどの段階で、どの様に譲れない一線があるのか。本稿をご覧になった女性の方は一考して頂ければ幸いである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/153-12acef71
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。