--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見て見ぬフリはこの時代もう出来ないかも知れないよ

2014年05月28日 01:07

――日米安全保障条約についてアレコレ、集団的自衛権についてもにょもにょ。自民党がダメダメとか、民主党がダメダメとか。最終的に「コクミンガー」と巡り巡って、有権者の選択や政治家とのコミュニケーション不足に起因するミスマッチがこの二十年近く常態化している。私はそう考えた。

 口語調に戻しまして。

 例えば、冒頭で挙げた日米安全保障条約ですが。

 もう有名無実でお金の無駄ってなら、段階的に米軍には撤収して貰い。その代わりとなる分、自衛隊への予算や集団的自衛権や、個別自衛権についてもっと真剣に定義しなおさなければなりません。

 残念な話ですが、沖縄の米軍基地が全て撤収・返還された後に国防面の必要に駆られ。結局、何党であろうが一定規模の軍事基地と軍事力が置かれることになるのです。

……共産党が国政。衆参両院において過半数を取って政権を樹立し。中華人民共和国と同盟を結べば。ワンチャン、米軍が日本人民解放軍になるか、中国人民解放軍に変わる位の差しかありませんね。

 根本的に「戦争は嫌だ」と穢れを祓う様に目を背けながら『戦争反対』と叫ぶ人ほど、本質的に平和が何なのか、戦争がどう始まり、どう終わるのか。どう言った理由で世界が軍事力を持っているか?

 落とし込んで、日常生活における「戦争と平和」をあまり意識していないことに気付いていないか、見ないフリをしているのではないでしょうか?
 そこを見ずに生きて居れば、確かに。お金と雇用、子育てと福祉のこと。国内犯罪と環境汚染だけ見ていれば用は足りる訳ですから。

 もう、戦争をスルー出来ない(する・しないではなく)時代なのかも知れません。平和を保つために、戦争を知る必要性。

 戦争を起こさない為に、戦争を知ろう。
 それは、台所の害虫を駆除する為に、彼らの原理を知り、必要な措置を取るのと何ら変わりません。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/152-a41d021b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。