--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちだけで書く「座談会ログをあとから読んで」

2010年12月29日 10:51

//////////////////// 警 告 ////////////////////
※本記事は、特定のプレイヤーや、個人を特定したメッセージ記事ではありません。
※本記事の性質は、今までのどの記事よりも個人的な主観のみで書かれています。
※読むことで、貴方に不快な思いをさせる可能性があります。
※読む際は、お手元にリラックス出来るような環境を作り、テキトーに読み流しましょう。
//////////////////// 警 告 ////////////////////

なぁ、みんな。これ何だか分かるかい?

そう、名刺だね。でも、新章引き継ぎはせず、死んだ名刺。
見ろよ、この人達、まだ戻ってこないんだぜ。


 こん**は、存在しない卯月の中の人です。

 冒頭書いた通り、これが今のコンチェの現状です。

 標題にあるとおり、今日の記事は客観的な視点を排除した一切の主観による『私の気持ちだけの』記事になります。では、普段はこう言ったテーマについてどう書いているかと言うと、自分の気持ちを抑えて大勢を占める意見とはなるべく逆の方向からアプローチをかけるように書いています。
 つまり、世の中が激情のままに愛と憎しみを叫ぶなら、淡々と批判はすれども感情に任せて非難はしない。大勢がプレイヤー視点でモノを言うなら、仕事の関係上関わっているコンピュータ業界的な視点 (運用・開発側的な意味) で記事を書く。ディスるなら、ある程度持ち上げる、手放しで賞賛されているモノはとりあえずディスっとく。単に、ヒネくれているともいいます。

 運営・開発さんに伝えたい事やら、座談会のログを読んで記事を書くとすれば。冒頭に書いた問いかけと画像、そしてセンタリングで寄せた二行が、私の気持ちの全てです。

 下のリンクから辿る事が出来る追記では、中の人 (あいにく空想上の人物ですが) の本音が、他人を思いやることなく書いてあります。これは、おおよその方々から九割の同意を得られるような論調ではありません。もし、暇だから読んでみようとお考えであれば、その点を踏まえてお読みいただけますよう、よろしくお願いします。

**続きを読むには下のリンクをクリック**
※URL直接指定の場合はそのままスクロール



0.何でもいいから、一緒に遊べるプレイヤーさんを増やしてほしい

 以下のあれこれをとっぱらってまず、大前提としてはこれだけです。
 転職ごとにLv1にもどるなら、それに則した低Lv帯クエストやダンジョン、相応の手応えがあるAIを持った敵。マップ、街、大陸。そういう物無くして、システムだけをクネクネ変更しても何一つ得られないと言う事をいい加減学習すべき。

1.チュートリアルが至らなすぎ!

 根本、ドラクエI~IIIとFF4~6のどれかを経験していれば察する程度の事が出来るシステムながら、新規に囲いこみたいであろう客層は、そもそもポケモンやモンハンで育っていると言う点がまるっと欠落しています。

 彼らにとってRPGとは、システムがプレイヤーを接待してくれるゲームの事を指すのです。かの「星をみるひと」のように、いきなりフィールドに投げ出されるような現在のチュートリアルは、訓練されたファミコン世代か、RPG黄金期にスーパーファミコンを遊んだ子供世代が適応しているに過ぎません。スマブラだのFF7がゲームとのファーストコンタクトになった昨今の世代からしてみれば、すでに導入部分でクソゲーなのです。
 故に、コンチェの素材が如何によかろうと、キャラ作成から学園にぶっとばされ、ろくにシステムについての理解もないまま旅に出るのは発狂ものであることを、まず開発や企画担当者は理解すべきです。


2.ライトゲームなのかそうでないのか

 2007年からの正式サービス開始以来、度重なる障害や実装の遅れで1万人いたと言われたプレイ人口は今や、7000人がやっとで、それも同時接続数ではなく、一日のトータルだそうです。
 正式サービス以後のグダグダ感をごまかす為に、ゲームの難易度は恐らく旧作と呼ばれ誉れ高いクロスゲートより大幅に下がった物に変わったと言います。

 自然、カンストしスキルGrを上げきる事が当たり前になった土壌は、開発・運営・企画三者に等しく責任があるわけです。見た目のライトさもあって、ユーザーからライトゲームとして認識されているのが今のコンチェです。
 クロスゲートのベクトルをシステム面で追求しようとして、あるいは昨今のスタンダードに乗る形で追いかけて職業別Lvを導入したのかも知れませんが、ユーザーの考えるゲーム像と新章を実装する側のゲーム像が著しく剥離するならば、それは正しくアナウンスすべきでした。そんな苦労を怠ったからこそ、座談会の大失敗につながりました。ライトゲームから、本格MMORPGへの転換であるなら、その旨を正しくユーザーに知らしめなければなりません。

3.クロスゲートは帰ってこない

 これは、座談会騒動とは関係ないのですが、いい機会なので一筆書いておこうと思います。

 度々…… ことによってはしょっちゅう『クロスゲートは良かった。コンチェはそびえ立った糞ね^^』などと言う話を、色々なプレイヤーさんから聞かされます。そりゃそうなんでしょうが、もういい加減聴き飽きました。コンチェが始まって四年、もうクロスゲートの幻影をコンチェに求めようとして現状に裏切られ、容赦なく悪意を撒き散らすのは辞めませんか?

 正式開始直後は、強く意識出来ましたが、今のコンチェがクロスゲートになるでしょうか? コンチェは、あなた方が思い出と語るそれと同一か、あなたが欲しかった3Dクロスゲートには残念ながらならないでしょう。あなた方が私に語る時に『当然、クロスゲートにはなれないし、超えられないだろうけど』と失笑します。そのとおりです。
 そして私もあなた方と同じように、愛と憎しみで物を語るのなら 『こんな状況でも私は、貴方がそびえ立つ糞だと言い切ったコンチェを、それを理解した上で楽しくプレイしようとしているのです』 と言う事です。

 なにより、幾らコンチェルトゲートフォルテの運営諸氏に『クロスゲート復活!』と叫んでも『まさに復活!』などと、権利を買い戻して運営をまた取り戻してくれる事はありません。不幸中の幸いと申しますか、さる筋によると台湾ではサービスが継続中で、台湾で通じる中国語表記ではありますが、日本人も遊んでいると聞き及んでおります。どうしてもやりたいなら、現在もアップデートが続いていると思われるそちらもご検討されてはいかがでしょう。

 今、日本語で楽しめるクロスゲートのサービスは無く、いま私と貴方がいるのはコンチェルトゲートフォルテです。クロスゲートにあった様々な良い点を聞くのは楽しいのですが、毎度のように『こんなゲームつぶれちまえ』と言う話を聴かせるのは勘弁して下さい。こちらの心も痛むのです。

4.座談会のログは想像以上に見苦しかった

 GM諸氏は、座談会の進行を仕切る事が出来なかった。

 集ったプレイヤーは、事前に臨時ギルドを作り意見集約をするなど、言いたい事の多さに対して、それを座談会の場で会話に載せるような努力が足りなかった。

 必死の叫びに、不審な点や言いがかりなど無かったが、慎みを持たない発言の数々がGMのコミュニケーション意欲を尽く奪った。

 運営サイドは、今回の大変更後に起こった不具合やその対応状況、問い合わせの回答などについて、情報提供、協力要請と言う座談会開催事前にやっておけば回避出来た不満。その怒りを適切に収穫させられる事になった。これは、運営側の明らかな怠惰であり、腹を切って死ぬべきだと考える。

 とはいえ、こうでもならなければ、危機意識は芽生えなかっただろう。つまり、最終的には参加者の皆様お疲れさまでした。と言う事で。
スポンサーサイト


コメント

  1. 明鏡止水 | URL | wr80fq92

    なかなか面白い記事ですね。

    引継ぎすらしていないプレイヤーがこうも揃ってるケースに、
    今まで遭遇していなかったので良い情報になりました。ありがとう。

  2. 卯月の中の人 (卯月れん/けれど中の人はいません) | URL | oUPgpoCM

    コメントありがとうございます

     お返事遅くなってしまいまして申し訳ありません。卯月の中の人(しかし、中身は空)です。コメント、ありがとうございました。

     画像は、10~11月前後のモノです。今は「とりあえず引き継ぎだけはした」人なんかが名刺に復帰して、空白の名刺はこれの三分の一程度なのが実情です。
     しかし…… それでも三分の一は空白のままなんですよねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iamsleeping.blog25.fc2.com/tb.php/121-0f6d4657
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。