--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低限文化的な1Segチューナー『ゾックス DS-DT308SV』

2016年03月29日 23:10

 メインマシンをWindows10にしてから、色々と便利になった。

 IMEは、賢く予測変換をしてくれる。そして、Siri ほどではないにせよCortanaは明日の天気を教えてくれる。もっとも、Siriほど会話に付き合ってくれるワケではないが……

 しかし、Windows10になって以来困ったことが一つあった。それまで地デジを観るために使っていたI-O Data製USBフルセグチューナーGV-TV100「テレキング」のドライバサポートが、Windows10では受けられないことが判明したのである。

 困ったぞ、トンだ情報弱者になってしまう!
 こう一瞬慌てかけたが、地デジチューナーが動いていた頃、実際ほとんど視聴していなかったことを考えれば『テレビの必要性とは一体……うごごごご』といった塩梅。

 さらに言えば、スマートフォンやインターネットでニュースは間に合っており、脱地デジをしても全く問題がないことに気付くと一転。

 世の中の流行廃りに対して、どの程度関心を持つか=テレビを見るか見ないか。程度に収まってしまうのであった。
 しかし、Windows10対応の地デジチューナーはポツポツ出てきているものの、相当高い。しかし、先に挙げたテレキングに至っては買って二年もしない内に最新OSのサポートをやめてしまっている始末。テレビとして考えるとぼったくりもいいところであり、また長期間の使用に耐えないなら、調達コストは下げるべきである。

 そこで、価格.Comなどで「Windows10でもすんなり動いたよー」というレビューを探しまわって見つけたのが、今回紹介するゾックスDS-DT308SVだ。

DSDT308SV.jpg


 ワンセグチューナーなので、映像そのものは荒い。だが、Windows10で満足に動作すること。チューナーの値段がワンコイン(500円)少々で済むことを考えれば、買った価値はあるのではないだろうか。

 しかも、うれしいことに放送映像の録画もできるし、スナップショットをJPG形式で保存できるのも大きなメリットと言える。
 まさに、最低限文化的なワンセグチューナーと言えるだろう。
スポンサーサイト

2TB分のハードディスクが逝った

2016年03月11日 09:56

 昨年末から、今年にかけて立て続けに1TBのHDDが死んでしまう事件があった。

2016hdd.jpg


 どちらも、Cドライブを担うシステムドライブだったので、都度都度システムを再構築しなければならないのがなおのこと面倒。
 以来、爆死上等だったウチの環境だが、都度システムイメージを作成し、バックアップするように運用が変わった。

 さて、お亡くなりになったハードディスクだが、最初の一台はこのシステムを組んだときに組み込んだSeagateの1TBハードディスクである。諸々調べた結果、どうも2007~2011年頃に新品で買ったらしい。概ね5年で突然死したことになる。ヒトの作ったものはいずれは壊れる。良く働いた方だろう。

 起動ドライブがダメになってしまったので、これは新しいブート用ハードディスクが必要だね……そんなワケで我が家にやってきたのが写真左のWestern digital社の1TBハードディスクだ。新品の1TBハードディスクを買っても良かったが、中古ならあと二千円は安くなると言うことで、秋葉原まで出かけていき状態の良さそうなものを選んだ。

 しかしコイツが曲者だった。

 BIOSから突然認識されなくなることもあれば、折角構築したというのに不良セクターが多すぎて全く使い物にならなかったのだ。
 何とかなだめすかして、バックアップイメージ用のストレージとして使っていたが昨日Western digital製ハードディスクチェックツールで " many bad sector " と事実上の死亡宣告を受けてしまった。

 去年は、ノートパソコンのハードディスクもお亡くなりになったので、我が家には使い道のない文鎮と化したハードディスクが三台も積みあがっているのだ。さて、これはどうしたものか……廃棄するしかないのだけどね。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。