--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎと暮らして三年五か月

2015年11月22日 09:03

遡ること三年と五か月前、私は、死の淵にいた。

 当時、全く良くなる見込みもなく。そして、自宅で投薬治療を続けていたものの。既に薬を飲む→体を清める→眠るという「ただこれだけのこと」が困難になり始めていた。当時の主治医は「そらぁもう、入院ですよ。それすら出来ないとあれば」という。なるほど全くもってそれは正しい

 しかし、入院中の傷病手当の書類周りの手続きや発送や保険料や家賃の振り込みは誰がやるのか?

 あいにくと実家の家族は父親の末期がんの世話が終わり、憔悴しきっていた時期でもあり、また実家の母や弟、妹がこちらに駆けつけてくると言うのも非現実的な話だった。

 つまり、私が自宅で療養できなければ、やはり入院という話になる。しかし、入院すれば長いだろうし、今住んでいる家も手放さなければならない。大きくため息をついて『これは、コインランドリーの乾燥機に100円玉放り込んでいる場合じゃないぞ』と発起し、窓を開けて物干しざおに洗濯物をまずは干そう。こう窓を開けた時のこと。

「物干しざおが、ない……だって?」

 引っ越してきた時には引っかかっていた物干しざおが、綺麗に消えていた。由々しき事態である。
 おそらくは、気づかない内に盗まれたのだろう。入院を迫られたり、今日は今日とて具合は悪いし、全くロクなものではない。

 全身を鉛で出来た服を着たかのような足取りでホームセンターに向かう。少なくとも、入院するかしないか。頑張って自宅療養と治療を続けるか。思考を放棄して、医者に勧められるがまま入院するか。入院するとして、諸々のことをどうするか。

 物干しざおを買うまでに決めなければならない。
 生きるべきか、死ぬべきか。598円のアルミ物干しざおを手に取るまでに決めなければならない。

決められるわけ、ないじゃん。
 ビバホーム(ホームセンター)で物干しざおを呆気なく手に取って思ったことがそれだった。
 考えれば考えるだけドン詰まりで、一体何をモチベーションに生きていけばいいのか。それすら曖昧になりかけた。

 その時、ふとこの店には小動物コーナーがあり、うさぎも確かいたはずだ。という、情報が頭をよぎる。

 実家のうさぎを溺愛(しかし、私は東京で実家のうさぎは北海道だ!)していたことを頭に浮かべ、せめて会えないなら最後くらいは、かわいい動物見て癒されたいと思うのは当然の成り行きだった。フランダースの犬におけるネロがルーベンスの絵を見に行くような心境。こう書けば、読者諸兄にはご理解いただけるだろうか?


loverabbit.jpg


そこで、この仔に出会った。

 写真はついこの間のものだが、当時のこの仔は、それこそまだウサギのあかちゃんといった感じで、ちょうど手のひらに収まってしまうほどのサイズである。これが「ウサウサ」というより「だよだよ」していたのも、また愛らしかった。

 一時間ほど、ケージの前で話しかけたり気を惹いてみた末。

 気づけば、店員氏を呼び出し。我に返ったころには、ケージやら何やら、一式お買い上げした上で、もう私の腕の中には、この仔がいたのであった。

 さて、うさぎはデリケートな生き物である。ケージは二日に一回掃除しなければ、容易に感染症に掛かって死んでしまうし。室温が35度以上の環境に二日ほど置けば死んでしまう。小まめな給餌やお世話が出来なければ、あっと言う間に死んでしまう

 自分の面倒も見切れないのに、なぜ飼ったのか。

 それは、この仔を育て上げることで、自分にはまだ生きる力が確かに残っているのだ。こういうことを証明したかったのかも知れない。

 それから、三年と五か月。名もなき仔ウサギには「ライム」という名がつき、私は毎日世話をし、ともに遊び。ともに食べ、今日も一緒に生きているのだ。

 正直な話、体を引きずりながら虚ろな瞳で世話をしていた日もある。すべてが完璧かと言われればそれは違う。

 だが、私はもう一人ではない。この仔を遺して、逝くわけにはいかないのだ。
 昨日、伸びきっていたライムさんの後足の爪が左手の甲にクリーンヒットし、鮮やかな傷を作った。

 痛みよりもまず、爪切りに気を配っていなかった自分を恥じ、ひょいとライムさんを抱き上げて、うさぎ用の爪切りでパチン、ぱちんと爪を切った。爪を切られると言うのは、うさぎにとってすれば、骨を切られるのと変わらない。本人からすると麻酔なしの外科手術のようなものになる。
 それを、私の傷口を悲しそうに眺めながら、ただ黙って爪を切られるがままになっているライムさんを見て。ああ、確かに私達は家族なんだ。こう再確認した。

 うさぎ飼育の最初の試金石は、誕生後六か月である。飼育が適切でなければ、死んでしまう。
 次の壁は一年半。いずれも健康なまま乗り越えた。

 毎日、何かしらの発見がある。見せてくれる表情もそうであるし、甘える仕草、遊びに誘う仕草。落ち込んだ時に不意にかけられる無言の愛情。

 うさぎと暮らして三年五か月。私達は今日も生きている。
スポンサーサイト

児童相談所全国共通ダイヤルは「189」/東京OSEKKAI化計画は成功するか?

2015年11月06日 21:51

toukyou_osekkai.jpg

東京児童相談所が、少なくとも都営三田線ユーザーに訴えかけている「東京OSEKKAI化計画」では、子育て中の父母に暖かいエールと隙あれば手伝いや支援を。児童虐待に関しては、おかしいなと思ったら近所の人でもいいので児童相談所全国共通ダイヤル「189」まで電話を……と呼び掛けている。

 これからは、ともかく私たちがそういった「おせっかい」を上手くやれればいいのだ。私は少なくともそうしようと思っている。

 だが、大部分の人は不器用で、そういった人達がおずおずとお節介を働くと「不審者」としてTwitterや地域安全メーリングリストに「晒される」ことになってしまう。

 育児世代が、地域の誰かを信用できる地元づくりは、例えば区議会議員や、町会にとって新たな事業の始まりとなるいい切っ掛けではないだろうか。

※とりあえず、私が「良い大人」として世にお節介をしていることを列挙すると。

ポイ捨てされているゴミを見つけたら、拾ってしかるべき場所に捨てる。倒れている自転車があれば黙って直す。信号をキチンと守る。あからさまに困っている人には声をかける。これだけで最低限、小さい子供の良い手本になれる。そんなことから始めていけばいい。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。