--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちだけで書く「座談会ログをあとから読んで」

2010年12月29日 10:51

//////////////////// 警 告 ////////////////////
※本記事は、特定のプレイヤーや、個人を特定したメッセージ記事ではありません。
※本記事の性質は、今までのどの記事よりも個人的な主観のみで書かれています。
※読むことで、貴方に不快な思いをさせる可能性があります。
※読む際は、お手元にリラックス出来るような環境を作り、テキトーに読み流しましょう。
//////////////////// 警 告 ////////////////////

なぁ、みんな。これ何だか分かるかい?

そう、名刺だね。でも、新章引き継ぎはせず、死んだ名刺。
見ろよ、この人達、まだ戻ってこないんだぜ。


 こん**は、存在しない卯月の中の人です。

 冒頭書いた通り、これが今のコンチェの現状です。

 標題にあるとおり、今日の記事は客観的な視点を排除した一切の主観による『私の気持ちだけの』記事になります。では、普段はこう言ったテーマについてどう書いているかと言うと、自分の気持ちを抑えて大勢を占める意見とはなるべく逆の方向からアプローチをかけるように書いています。
 つまり、世の中が激情のままに愛と憎しみを叫ぶなら、淡々と批判はすれども感情に任せて非難はしない。大勢がプレイヤー視点でモノを言うなら、仕事の関係上関わっているコンピュータ業界的な視点 (運用・開発側的な意味) で記事を書く。ディスるなら、ある程度持ち上げる、手放しで賞賛されているモノはとりあえずディスっとく。単に、ヒネくれているともいいます。

 運営・開発さんに伝えたい事やら、座談会のログを読んで記事を書くとすれば。冒頭に書いた問いかけと画像、そしてセンタリングで寄せた二行が、私の気持ちの全てです。

 下のリンクから辿る事が出来る追記では、中の人 (あいにく空想上の人物ですが) の本音が、他人を思いやることなく書いてあります。これは、おおよその方々から九割の同意を得られるような論調ではありません。もし、暇だから読んでみようとお考えであれば、その点を踏まえてお読みいただけますよう、よろしくお願いします。

**続きを読むには下のリンクをクリック**
※URL直接指定の場合はそのままスクロール



[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

更新が滞ってます。

2010年12月21日 03:32

 存在しない筈の中の人です (言うまでもなく存在しません、フィクションです)。皆さん、久しぶりに冬らしい冬を迎えた昨今。いかがお過ごしでしょうか。


更新滞って申し訳ありません
下記の事情により激鬱です


 標題の通り、当Blogの更新が滞っています。
 と、言いますのも。新章が始まって以来、ゲームの中で会う人会う人、不満ばかりで心がくじけ気味。

 中の人 (空車) は、今年六月の発表時点で人生一回分くらい叩きに叩いたので、もう今不自由な部分は一先ず受け入れて、良い所を見る様にしています。もう、迂遠に批判したり皮肉を込めて長文書いてもわかりにくいだけで、中々改善しないのは目に見えているからです。

 事態を打開する、或いはプラスの方向に舵を切ろう。または切らせようとするなら、もう少しエゴを取っ払って分かりやすく簡潔に要望を運営さんなりに出せば良いと思うのです。我が身を人質にして方針転換を迫る。これは、モンスターカスタマー、モンスタープレイヤーなどと呼ばれても致し方在りますまい。そう中の人(回送)は考えていたりします。

 さて、ゲーム内でご一緒する方から『もう辞めるかもしれない』『ブラックオンラインゲームで遊んでるんだがもう限界かも知れない』『妻が家に帰ると、新章で楽しそうにプレイするフリをしています』『座談会でGMボコボコにしようぜ』などなど。面白いと言うよりも『こんなカスゲー、早く潰れてしまえばいいのに』と言った話を聞かされていると、流石に普段温厚な中の人も、ちょっとなぁ。うん、これはちょっとなぁ。言葉に詰まります。

 愛情がひっくり変えれば、憎しみに。元々、嫌いだったと言う人はプレイする以前に無関心。なので、とっくの昔にいなくなってたりします。
 残っているのは、未だ可能性を信じている層、最後までかき回したいと言う層、期待が裏切られて憎しみに染まった層。私こと中の人(エラー678 リモートコンピュータが応答しません) はこの中で最初の『未だ可能性を信じている』中に入っていると思います。

 新章になって、不満の数から比べれば圧倒的に少ないかも知れませんが、それでも良い所はある訳です。
 この新章開始直後に、障害続きの運営・開発の対応を批判した時、何故か露骨な賞賛を行ったと思われて厳しいコメントを頂いた時以来、この新章についてポジティブに書く事はタブー化された気がしました。空気を読めば、褒めてはいけないのです。ですが、書きたい事を書けば、良い所は良い、悪いところは悪いと書かざるを得ない。では、どうすれば良いと言うのか……

 元々、このBlog自体ゲームを楽しむ為に書いているのであって、悩みながら書く様な性質の物ではないのです。しかし、現に迷ってる。悩んでる。次、うっかり書いた内容によっては、広くさらし者にされるかも知れない。誹謗中傷、からかいのネタにされるかも知れない。

 そんな沢山のイフ (IF = もしも、或いは可能性未来) を思うと、ただひたすら憂鬱で。また、別にもうそんな事を気にしなくても良いのに…… と思うと、また一層自分がみじめに思えたりするのです。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。