--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうざん!

2010年07月24日 23:42

kisi_s.jpg こん**は! 卯月です。元の世界では夏真っ盛り。そういう時期ですね。日本も帝都付近では摂氏三十六度に達してしまうこともあるとか。「体温ですニャ」なんて言われちゃうと、なるほどそうかも知れないなぁ…… いやいや、三十六度は異常だよ?! 良く良く考えれば確実にコレはおかしいんです! おかしいながらも、そうなってしまった以上受け入れる努力も必要なんでしょうね。ふぅ。


 冒険者の宿、その一階にあるラウンジ。そこで時たま、同じ日本から拉致召喚された冒険者さんと夏休みの思い出なんかを語りあったりします。そんなある日のこと。何でも夕張石炭の歴史村がどうとかこうとか……
 どうもおかしい。何というか、まるで私や姉妹のいた日本と、同じ日本では無いかのようで、彼の話によると夕張の炭坑は閉鎖されたばかりか、自治体経営の悪化で財政再建団体に転落してしまったのだとか。要するに、市が破綻してしまったそうで。

「ところで、貴方の国の名前は?」
「いや、日本だけど」
「いえいえ、そうじゃなくて―― 正式名称は?」

 思えば、どことなくズレを感じていたんです。彼の居た日本は、太平洋戦争後全く戦争に巻き込まれてないですとか、韓国が…… 北朝鮮が…… どうしてこう、面倒なのがお隣さんに、ですとか。時々、おかしな事を言うのです。何だか、私の住んでた国とは、ちょっと違うような気すらします。ちなみに、私や姉妹が居た日本では、夕張にまだ炭坑があったりするどころか、今も採炭が拡大している筈です。

「俺が住んでた国の名前は~」「私や姉妹がいた国はね~」
「日本国」「日本帝国」

 ……どうやら、お互い近くて遠い国から来たようです。平行世界、SF的な言い方をするとこう言えば良いのでしょうか。或いは、もしもの世界、とでも言えば良いのか。お互いため息を一つ。そしてクスリと笑い合いました。

「そう言えば、昨日召喚された人は大日本帝国から来たとか。俺の所だとそれは旧国名なんだよなぁ」
「私の所もそうだよー。戦争に負けて "大" が取れちゃったんだ」
「へぇ、じゃあまだ軍隊とかあるんだ」
「あるよー。陸海空海兵宇宙軍だったかな。風ねえの方が詳しいかも」
「なるほどねぇ、確かこっちは軍が解体されて、警察予備隊から自衛隊って組織になってたような気が。でも実際軍隊にゃ変わりないかな。北海道とかだと、二月に雪像作ってたりするね」
「ゆきまつり! うんうん、雪像は私の所でも一緒、雪祭りだね」
「こうカラッとした暑さの中で雪の話もおつなモンだ。 ――しかし、そう考えるとあの爺さん、相当見境無く方々から召喚してるんだなあ。前会った奴が言うには、まだ大日本帝国なんだとさ。しかも、昭和十五年から呼び出されたんだって」
「あー、私も合衆国日本から来たって言う変な仮面の人に会ったなぁ。とんでも無く未来から来たとかどうとか」
「北日本連邦とか」「大阪民主主義人民共和国とか」「栃木連合国とか」
「めちゃくちゃだね?」
「そうだねぇ」

 世界談義に花を咲かせて、飲み物を飲んでゆったりとした時間が流れます。誰かが持ち込んだ楽器をテキトーに弾くメロディは、どっかで聴いた事があるような、無いような。

「ああ、そうだ。卯月さん、ちょっと面白い話があるんだ。もし暇なら今度…… そう、山に行ってみないかい?」

 山? 何をしに? 今回の冒険はここから始まったのです。

**続きを読むには下のリンクをクリック**
URL直接指定の場合は、そのままスクロール
※えらい、長い前フリだなぁ


[ 続きを読む ]
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。