--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行インコ 第一話 - 脱却 Aパート

2008年02月21日 03:04

※ コンチェのプロフィール欄で日替わり連載でもしてみよう。そう思って書いたものの、訳が分からなくなったのと、記述を掘り下げることが出来ないのでテキトーにまぁ。一発書きと思いつきだけで書いてみようかな? と。


 幽かな記憶がある。

 何色とも形容できない光の中、見知らぬ女と良く見知った父と一緒に笑う。これは夢だと思う、そうだと思う。
 私は部屋の中、柵で囲われた部屋の中。そこがいわゆる座敷牢と呼ばれる場所であることを、私はテレビで初めて知り、父が買い与えたインコと鳥かごを見て実感した。
 ここに窓は無い。換気扇と自動運転のエアコンが常に空気を清浄に保っていた。部屋の灯りはつまみを回せば明るくなったり、暗くなったりした。起きた時は最大まで明るくし、眠るときは何も見えなくなるまで、つまみを回した。父が、そうしろと言ったからだ。

 テレビ、ラジオ、別室としてトイレと風呂。食事は父が差し入れてくれる。外に出る、外部と連絡を取れない事を除けば、完璧な環境だった。父は、私に常識と知識を植え付け、初めて訪れた "月の使者" についても優しい口調で私を落ち着かせてくれた。何の違和感も感じない生活。幽閉される娘と言うのは、テレビやラジオが語るところによると性的な対象にされるらしい。父にそういう事をされる…… 考えもつかない。また実際、父もそう言う事をしようとしなかった。
 不気味な位に、満たされていた。ただ、籠の外に出る自由だけが無かった。ある日の事、電球が切れたので父に頼んで替えて貰う。生まれてから、何年たったか…… 父は、私がもう十六歳になっているのだと言った。時間が流れるのは早い、そうとも言った。

「お前は外に出てみたいとは思わないのか?」
「私は、ここで生きていくことに」

 父の問いに、そのまま問題は無い、憂いは無いと言葉を続けることが出来なかった。一瞬とも永遠とも分からない僅かな沈黙の後、不満はないと。幸せだと言ったのかも知れない。
 その瞬間だった。大きな怒鳴り声、聞いたことの無い父の声。何か、恐ろしいモノでも見てしまったような震えた声。

「馬鹿者!」

 はじけ飛ぶ体。リノリウムの床に敷かれたカーペットに無様に叩きつけられた。何の事だか分からず、何故父が泣いているのかも分からず。ただ、私はこの時、この狭い籠の中から出ようと決めた。
 籠から出れば、父が何を考えているのか分かるような気がしたから。今は、父の気持ちが分からない。悲しいのか、怒っているのか。だから、不器用に微笑んだ。
「痛くない、痛くないからっ」
 父は黙って電球をつけ、つまみを回して明るくなるかを確かめた。
「済まなかったね、お前が幸せなら私はそれで良い。いいんだ」

 落胆しきった声で、父はいずこへと去って行く。後姿を見送り、まだジンジンと痛む頬をさする。この時、私はこの小さな部屋から出る事を決めた。たとえ、何があろうとも。

続劇、Bパートへ

スポンサーサイト

help狩りとpt狩りとかまぁ、そのへんを

2008年02月16日 05:03

 こんばんは、眠ればぐっすりいつも眠い中の人 (なんて想像上の産物だよ、そんな人いません) です。今日は、ヘルプ狩りとパーティ狩り、募集の話をちょっとします。ちょっと? いえいえ、凄く長いので、以下続きを読む~ でどうぞ。

長いので、今日は頭に書く筆者あとがけorz)
 私としては、気になるけど割合迷惑を被ったことがないHelp狩りのお話です。それだけだと能がないので、昨今気になることと絡めてだらだら書いてみました。書いて言うだけなら、タダ。会話が無いパーティは、寂しい。そう言う意味ならHelpってちょっとイヤ。でも、効率が良いのが良かったり、コミュニケーションとるのがちょっと苦手とかならHelpは嬉しい。
 賛成しつつ、それが圧倒的多数を占めるのはイヤかも。私としてはそんな感じ。悩ましいだけでため息ばかり。最近、ギルド間の多数派競争や、初心者サポートに主張の違いとか、現
実社会でありがちな話が出てきて何だか面倒になってきたなぁとw

------本文以下-------
[ 続きを読む ]

風夏さんが見た、妹の冒険風景

2008年02月11日 21:11


 ども、風夏です。妹のレンが中々、日記の一つも書かないので私がパチパチと撮った写真でも乗っけつつあれこれ突っ込みでも書いてみようかな。そんな事を考えたりしてるんですけどね。
 そんな訳で、突っ込み入れつつレンの思い出でも綴っていきましょうかねー


 まず一枚目……


図1 ノッカーマスク(ちょっと歳取ってる)が三人並んでますよ

 昔もファーレンで戦ったのに、また拉致された不運な人達にせめてもの慰めにと配布されたノッカーマスク。ちょっと空気の循環が悪くて暑いのがたまに傷…… 『女三人集まってノッカーレディだ~』 とか何とか写真の裏には書いてありますけど。意外と被り物が好きだったんだね。

 んで、二枚目。


図2 再教育完了と、形だけの和解

 ギルドの皆さんと、勇者を〆た時に一枚撮った写真らしいけど。また毒のなさそうな顔してるね、ウチの子は…… この後、弓使いの勇者と戦ったとき、「首を狩ってさらしものにする」とか何とか言ってたらしい。段々、メッキがはがれてきたんだと思うんだよね。だって、まだ家で一緒に住んでた頃なんて、誰もが目を逸らす映画の惨殺シーンで一人だけ「血と叫びが足りない」とか言ってたから。
 こうして文字に起こしてみると、怖いなぁ。

 こほん。まぁ、レンにいたっては元からだし。仕方ないよね。
 さて気を取り直して。最後の写真は、昨日の物みたいだなぁ。



図3 ハリヤマに落ちてきました

 なになに…… 『バケモノの後継者争いに関与したものの、金にならなかった』 ってこんなことしか書くことないのかな、あの子。でも何だか楽しそう、字も踊ってるを通り越して歪んでるしね(笑

部屋が寒くて><

2008年02月04日 02:46

 こんばんは。日曜出勤クエスト (んなものはない) に行って来ました。ここ最近、休日出勤がちょこちょこ出てきて本当何の為の休日 (代休? そんなものは存在しない) なのやら。

 早く終わらせてコンチェをやろう!
 意気込んだは良いけど、頭が痛くて鎮痛剤を飲んで一旦仮眠。

 仮眠…… のつもりだったんだけどなぁ。

 起きたら深夜一時だったと言う悲劇。なんと言う悲劇。もう、inしても知り合いで起きてる人がいないと言うちょっとした寂しさを味わいつつ。

 ところで、日曜日は東京で珍しく雪が降りました。それも結構な量が。
 聞けば、そこそこ大雪とのこと。だったら、地下鉄も全部止めてくれれば不可抗力と言い訳しつつ日曜を満喫できたのに…… ではなく、地元が札幌なのでこの程度の雪は降った内に入らないと言うわけ。だのに、列車は運休するし、遅れるしと。降雪量が少ないとここまで違うものなのだな、つくづくそう思いました。

 あと、タイトルにもある通り、部屋が凄く寒い!
 これも札幌から越してきて実感したことですが、本州の家って機密性が低いんですね。暖めればその熱は逃げていくし、夏涼しくしようとクーラーを掛ければ暑い空気が換気口からじゃんじゃん入ってくる……

 日本家屋の特徴である 「風通しのよさ」 を追求しているのかも知れませんが、夏暑く冬寒いなんて快適性の低い住居ってどうなんでしょうね。まずは、夏の暑いのと、冬に家が極端に寒くなると言うこの部屋をどうにかしたいものです。ううっ、寒っ。

進化って、代を重ねていくことなんじゃないのかな

2008年02月01日 21:37

 存在しない中の人。
 彼女か彼か? それは兎も角として、便宜上ここでは彼としておきましょ。

(注釈ここから)
 仮に中の人 (それは小人さんのような物で、実在しない) が 「彼女」 ということとすると、『今どんな格好でコンチェやってるの? (*´Д`)ハァハァ』 などと迫られたりするかも知れない。逆に仮に中の人(は存在しないのだけど) が 「彼女」 を語る 「彼」 だったとしよう。その場合も、 『今どんなブリーフ穿いてコンチェやってるの(*´Д`)ゼェゼェ』 と言う逞しい兄貴達に質問攻めになるのかも知れない。それは、ちょっと悩ましいを通り越しておっかない。そう言うわけです。もっとも中の人なんていませんし、存在しない物に性別なんてつけようがありませんね♪ あんだーすたん?
(注釈ここまで)

 彼にも 「悩ましい」 と思うことがいろいろあるのです。


1. 進化する話

 レンさんで、いつも通りまったりしていた時の話。すでに夜は十二時も過ぎていて、明日授業や朝練があったりする人はもう夢の世界に旅立っている時間。そんな時、一人の初心者さんからのご質問。

質:ペットって進化する?

 本当に唐突にそう聞かれました。ちなみに、原文ソノママでお送りしております。
 質問とか、ペットが進化するとかそれ以前に、礼儀がなってない! と思いました。夜中の一時近辺にうろちょろしている子が小学生? 親がどうしようもない馬鹿なら兎も角、小学生は夢で楽しく遊んでいる時間です。では中学生? そうかも知れない。

 だとして、どうして初対面の人にため口なんでしょ? ゲームだし、そこまで目くじら立てるのも何だか軸がぶれているような気がしたので、ぐっと堪えますw

レンさんの答:進化はしないねー(詳細は下のほうで)

 で、まぁ。でも進化ってポケットモンスターやデジモンで流行出した言葉ですよね。例えば、成体の状態で芋虫なのに、何らかの条件刺激で蝶になったりするの…… でも、それはその生物固有の形態変化ではないらしい。これがポケモンやデジモンで言うところの進化。

 じゃあ、本当の進化って言うのは何なの? そう問われると。何代も気の遠くなるような年月の交配を経て、生物が状況や発達に適した形に変わっていくことなんですよ。

 少なくとも、ある日突然に犬が猫になるような事を進化とは言わない訳です。ポケモン界隈の「進化」を言うならば、あれは突然変態と言った方が正しいんじゃないでしょうか……

 思わず、

「そもそも生き物が突然別の生き物になると言う意味での進化と言う臍が茶を沸かすようなオドロキ体験はこのゲームではないかもw(意訳)」

 と発言してしまったレン。まさに、心の中であうあう。そして脳の中で一言、「悩ましい」と。

2. 彼とか、彼女とか、生理とか、単なる腹痛とか

 恋煩いは悩ましい。本当、ため息ばかりです。とは言え、煩わしいと言うだけあって例えば夫婦喧嘩は犬だって食わない。無論、私が愛するウサギや猫だって食べようともしない訳です。
 にも関わらず、なにがし掲示板によると 「直結さん」 なる物がいるらしい。直結と聞いて、バイク泥棒を思い浮かべた私はスケバン刑事やヤンキー漫画の見すぎでしょうか?

 いろいろ無駄に時間を使ってしらべて見ると。。。

 直結廚なる言葉が浮上してきた訳で。

直結廚: 女キャラと見るや否や、やれチャット越しで猥褻な話をしようとか、会って二人でしかできない事を始めようと言い出す輩のこと。

 とのこと。これは、あちゃーと思うわけです。
 親しくお話させて頂いているギルドの仲間やAsさんとか、Siさんやら…… お付き合いのある方にそんな方はいないものの、かなり昔会った某氏はそんな人でした。

 幸い多趣味なので、話題ひとつで女性にも男性にも思われる私はらっきーだな、と。そう思う毎日で。ネット上の恋愛から現実で添い遂げるなんてのは、まぁロマンのあることだとは思いますが、何事も程ほどにと言う事なのでしょう。

 時々、その直結っぽい人を見かけてまたも「悩ましい」と思うのです。
 ところで下腹部が痛いと言ってそれが生理痛なら、「ふーん」で終わりなのですけども、これがそうでもないと言う事になると病気を疑わなければならないと言う罠。もっとも、生理痛も薬を飲まないと痛みが引かないので、これはこれで悩ましい「らしい」ですよ?

3. この記事をかいてるネット喫茶で

 この記事を書いてるのはネット喫茶の中だったりします。ブース式なんですけど、隣のブースの男性がかなり「悩ましいため息と喘ぎ」を漏らしているこの状況。さまざまな意味で悩ましいです。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。